English  section

 

German  section

 

資料館 へ    

 

工事中! 全面的再設計中ですので、完了するまで所々で不具合が生じるでしょう。ご了承下さい。

Thomas' Acupuncture Clinic

トーマス鍼灸院

continuous cyclic changes of the four seasons

Last updated: 2014/04/17

院長の部屋 鍼灸 養生 用語集 翻訳 Piano

                              用語集に関して

 

お蔭様で開業から今年で18年目です。

 

    自己紹介


私はドイツ人です。22才頃ドイツを後にして、弓道を勉強するため来日しました。
日本で好きな東洋的思想に基づく職業を得る為で、鍼灸を含めて東洋医学を勉強しはじめ、3年後鍼灸師の国家試験に合格しました。更に、研究を深めるため、日産玉川病院において、代田先文彦生のもとで4年間東洋医学の臨床研究に励みました。
1995年葉山町の元町で一人の職人として開業しました。

院長: Thomas Blasejewicz
    詳しくは → [院長の部屋]

トーマス鍼灸院
〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内815
Tel/Fax: 046-876-3077

tom@einklang.com

携帯電話:    090-4846-6985 / th.blasejewicz@docomo.ne.jp

 

    基本概念:

  1. 東洋医学の知恵は国民の宝であると信じ、求める者に分け隔て無く施します。
  2. 患者さんの自立を助け、自然治癒力を発揮できるよう可能な限り指導します。
  3. 人間は自分(とその他の生物)の健康状態(命)に対して責任があります。 → 更に

 

 

    診療時間:

時間

月曜

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日

土曜日

日曜日

9:30

  休診日   予約制

10:00

11:00

12:00

昼休み

昼休み

15:00

   

16:00

17:00

18:00

19:00まで

外・往診          

                                 (緊急、又は休日の連絡先: 046-875-9946 /090-4846-6985)

                                            来院する前にお電話ください。突然来院した場合ベッドが使用中であれば、大分待たせる必要があるからです。 

 

    料金:

治療費と治療内容

通常の治療費 4000円 
治療内容 「鍼灸院」ですので、殆どの場合「鍼」と「灸」両方の手技をします。

治療の仕上げとして良くマッサージ/指圧も行います。

初診料 1000円 (初診の際合計5000円)
初診の時間 初診の場合問診と検査も行いますので、所有時間は人によりますが1.5-2時間があると安心。
治療時間 治療 時間 で区切る メニュー もありません。その人の 症状 状態 によって 治療 必要 時間 は違うからです。

                        * 私の療費は25年前と変わりません。日頃新聞の折り込み広告を見ると、分単位で細かく区切って、私が「普通」と考えている

                    60-90分の治療を「施術」と呼び、8000円から1万数千円までの値段が決して珍しくありません。そういう意味では私の1-2

                    時間掛かる治療が格安かもしれません。

    交通案内

電車の場合逗子駅まで(京浜急行の新逗子駅も可能)。
駅前のバスターミナル(進行方向に対して右)へ下車。
バス停の「2」に乗る 約10分(約5バス停)で進行方向にトンネルが見える(2番目のバス停過ぎたらやや長めのトンネルを通るが、それはまだ逗子市です。)
風早橋」と言うバス停で下車。
トンネルの直前に「Bon Jour」(新しく作られた)と言うパン屋さんがある。
ここにある「森戸海岸入り口」信号を右に曲がり、みちなり3−400mを進む。
それに「森戸川」を渡る「亀井戸橋」の直前右に緑の看板が見える。

(最近治療院の手前に幾つかの白い家が出来た。)

バス停から治療院までは歩いて約5分ほどです。


  

    メディアで紹介されたトーマス鍼灸院

(詳しくは → [資料館]) 

  1. 医道の日本/1996、No.620: 座談会: 日本で活躍する外国人鍼灸師が語る

  2. 東洋医学、2000、4月号、pp96/97: トーマス鍼灸院

  3. 逗子葉山秋谷新聞、8月号:「地域の匠」シリーズで

  4. 2002年9月TBSテレビに出演

  5. 2003年2月2日TVKテレビに出演

  6. 2003年3月週間朝日、増刊漢方2003:「信念を貫く異色鍼灸師

  7. 2003年6月15日NHK地球ラジオ(世界同時放送)に出演

  8. 2005年9月5日(月)から11日(日)までJCOM, 2 CH. 「からふる」と言う番組出演

  9. 2006年1月30日:神奈川新聞ー>青い目の鍼灸師」で紹介。大反響ありました。

  10. ダイエット体験談、優秀作:   ドイツ人針きゅう師 「先生」と呼ばれるために → http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=28831

  11. 2012 3月号 鍼灸ジャーナル: 「治療院訪問」シリーズで「トーマス鍼灸院」

  12. 2013 4月20日: 朝日新聞:「ドイツ人鍼灸師が健康本」 http://nyuwa.blogspot.jp/2013/04/blog-post_25.html



 

 

    出版物

1)    2013年2月医道の日本社で私の拙著 「トーマス 先生の話を聞いてみませんか」が 出版されました。

出版社のHPそれに関する interview が掲載されています:

http://www.idononippon.com/information/topics/2013/02/18.html


2)    「伝記」

「どうしてドイツ人が30年も日本で鍼をやっているのか。」とよく聞かれる質問です。
 今までつまらない話題だ思ったから躊躇しましたが、「その話を本にしたら」と言った患者の要望に答え、ちょっとしたものを纏めました。
但し、私の日本語は良くありません(もっと勉強しなさいと常に怒られる)。独学で頑張っているつもりですが、どうしても「綺麗な日本語」は書けない。上記の本において当然編集者が懸命に直し、まるで私は完璧な日本語を書けるように見受けます。
ですが、それは私ではない。今回意図的誰にも手を加えさせない事にしました。私の「素顔」を見て欲しかったです。



 

 

 

 

Kindle 版のファイルとしてAmazon に登録しました。
私自信もKindleの機械を持っていませんので、2013/7月以降から正式にPDFやODF*ファイルを直接販売出来るようになります。
ファイルサイズは30・40MB程度(60点ほどの写真が入っているため)。

* http://ja.libreoffice.org/

LibreOffice はフリーソフトで上記のURLから無料ダウンロード出来る。本来 "OpenOffice" であったが、Oracle と言う会社から買収されてから開発者の半分ほど反発し、LibreOffice の分岐を造った。Libre = Liberty = Freedom = 自由の意味。単なる「無料」ではない。マイクロソフトの「商品」を使うにはマイクロソフトの奴隷にならざるを得ないし、奴隷でいたければ定期的大金支払わなければならない→「バージョンアップ」等と名乗って。私はは奴隷より自由でありたい。よって、「自由」を強調するソフトを使う。

この際お薦めしたい!

 

 

 

 

 

上記の日本語で書かれている「伝記」は後にドイツ語に書き直しました。ドイツ人又はドイツ語を読める人にとって日本の文化や日常生活が分からないから、そのような部分を相手に分かるような形に注釈を書き加えました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは最新の『本』→電子書籍。現在仕上げる最中。こちらは英文だ。年内にも上記の「自伝」と同じように Amazon Kindle 版として2014年1月27日出版した。リーダーのない人に私からPDFファイルも求められる。

その中にあくまでも個人の意見ですが、なぜ日本風の鍼灸が中国風より世界の人々に適している事を説明している。私の意見に反対する人もきっと大勢いるに違いないが、理論上でまだ「言論の自由」があるうちに、この勝手な言い分を言わせて貰う。

馬鹿な肉体労働者として今年これで4冊目の「本」になる。我ながら幾分威張ったのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hit Counter